生物学的プラークコントロール

ハミガキをしてもすっきりしない!
治療をしてもまた悪くなる! 

なぜ?


それは、
お口の中のトラブルの原因は、目に見えないくらい小さな、小さな、悪玉菌だからです。

歯ブラシで食べかすや歯垢のお掃除はできますが、悪玉菌は取り除けません。
悪玉菌と歯ブラシではサイズが違いすぎるのです。

例えば、
砂場に作った砂山を、竹熊手で掃除するようなものです。
砂山は壊せますが、砂を取り除くことはできません。
ましてや、いい砂は残して、悪い砂だけ取り除くことは不可能です。

同じように歯ブラシでは、食べかすや歯垢(プラーク)は取り除けますが、
菌を取り除くことはできません。
ましてや、善玉菌を残して悪玉菌だけ取り除くことは不可能です。

それではどうしましょうか??

お口のトラブルの原因が悪玉菌であるなら、殺菌剤を使って殺菌すればいい!!
次にそう考えました、

しかし、殺菌剤は、人間に大切な、善玉菌も殺してしまいます。
常用すると、人間の体にも害になるかもしれません。

農業では
害虫を殺すために農薬を使っていましたが、農薬は大切な益虫も殺してしまい、
土壌、河川、海洋汚染の危険もあります。
すでにアメリカ、ヨーロッパでは、殺菌剤の販売が禁止されています。

そこで、
たなべ保存歯科では 善玉菌を用いた口腔内環境の改善・維持、 
生物学的プラークコントロールの研究を行っています。

院長が大学研究室在籍時より、たくさんの乳酸菌等を扱ってきました。
その中で特に優れた乳酸菌、WB21について
2008年より大学研究室と共同研究を行っています。

乳酸菌WB21を配合した「みんなの善玉菌WB21タブレット」と、乳酸菌WB21を配合していない「プラセボ」(偽薬)を使って、ダブルブラインドクロスオーバー試験を行い、WB21が口腔内環境にあたえる影響について研究しています。

研究成果である、国際学術誌論文6報、国際学会発表は、すべて「みんなの善玉菌WB21タブレット」を使用して研究したものです。